スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事のコト・・・

ある方のホームページを読んで驚きました。
きっとオーストラリアで看護士を目指す、もしくはしている人なら、
そのサイトをモウ読んだかも知れませんが、
一度就職しても、継続して雇用してもらえない可能性が
出てきたとかで・・・。

私も労働の法律が変わり雇用者が突然に労働者の首を切ることが可能になったというのは聞いたことがあります。もちろん正当な理由は要りますが・・・。

オーストラリアでは以前は就職してしまえば
自分からやめるといわない限り首になることはほとんどありませんでした・・。
しかし、この法律ができて、さらにインターナショナルナースの語学力の問題が問題視されている中、
インターナショナルナースの解雇は現実になってきているんだなっと
かなり恐ろしくなってきました・・・。

私的には、これからオーストラリアで看護士を目指す人たちになんとなく申し訳なく思います。
というのも、語学力不足は私にも当てはまるからです・・・。
就職してはや1年。
無我夢中でやってきました。
それなりにみんなが何を言っているか理解し、
質問もできるようになりました。

しかし本当に最初は苦労の連続でした。
言っていることがあんまりわからない・・・。
電話なんてもってのほかである・・・。
言いたいことが伝えられない・・。などなど・・・。


結局語学をものにするにはかなりの時間がかかるのです・・・。

最初から就職するチャンスをもらえないとなると勉強する機会さえなくしてしまいかねないこの状況・・・。
本当に何とかならないかと思ってしまいます。

私の病棟には
約6名のインターナショナルナース(英語は第2言語、フィリピン人、インド人除く(だって彼らは英語は共通語??であるため))は
モウ1年以上はここで働いています。
そして特に仕事に支障のない程度には英語を使いこなせるようになってます。

私が面接を受けたときやっぱり語学のことを聞かれました。
仕事しながら学び身についていくものだと思うと答えると
面接官はほかのインターナショナルナースの英語も最初は問題だったけど、今は問題ないから大丈夫だろうっといって私を採用してくれました。

看護士1年生は必ずといってミスします。
そして看護師誰でもミスします。
 
そういう心でインターナショナルナースも受け入れてほしいなぁ・・・とちょっと思ってしまいます・・・・。
本当に真剣に仕事はするんですから・・・。

ちょっと支離滅裂な文章ですみません・・・。
私の主張でした・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

adelaide bonnie

Author:adelaide bonnie
2004年4月28日オーストラリアに到着!!
その後語学学校で英語を学び、
2005年2月フリンダース大学入学、
2005年12月大学を無事終了し、
2006年5月22日就職。

2006年1月1日にはめでたく
彼氏をゲット!!
喧嘩が絶えない二人ですが、
まァまァラブラブでやってます。
2007年、1月11日永住権取得。
2007年3月18日晴れて婚約。
2007年9月30日結婚(ようやく・・・。)

これからオーストラリアで彼と二人三脚でがんばっていきます。

カレンダー(月別)
04 ≪│2007/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。